CURATION

  • HOME
  • CURATION
  • 不動産の仲介業で成功する人とそうじゃない人との違いとは?
不動産独立 BLOG Revo

2020/03/19

不動産の仲介業で成功する人とそうじゃない人との違いとは?

不動産の仲介業で独立開業したいときに、本当に成功できるのかで不安になる人もいるのではないでしょうか?

「自分は仲介業に向いてだろうか」

と心配になる人もいるかもしれません。

不動産の仲介業で起業して成功する人とそうじゃない人にはどんな違いがあるのでしょうか。

成功のために必要なのは何か?

不動産の仲介業で成功するためには、少なくともきちんとビジネスモデルを理解して利益を生むには何をしたら良いかを考えることが必要です。

仲介業のビジネスモデルはシンプルで、不動産の売買や賃貸借を仲介することで仲介手数料を受け取るという形になっています。

物件を買いたい人と売りたい人、貸したい人と借りたい人をつなげる役割を果たすとその対価を両者からもらうことができるのですね。

仲介業で成功するには、自分の仲介を受けて物件を売りたい、貸したいと思ってもらうこと、自分の仲介によって買う物件や借りる物件を紹介してもらいたいと多くの人に考えてもらわなければなりません。

そのための仕組み作りをすることが最も重要になります。その経営戦略を客観的に考えていたかどうかが成功の可否を大きく分けるポイントです。

仲介業の適性も重要な要素

仲介業で独立する上で適性を持っているかも重要なところで、適性が高い人ほど成功する可能性も高くなります。

例えば、仲介業では営業職として働いていた人は有利です。物件を探したいと思って訪れてくれた人たちに満足してもらえるようにするにはどうしたら良いかと考え、適切なヒアリングと説明ができると信頼関係を樹立できます

その関係を作りつつ売り込みをしていくことでスムーズに契約の仲介を成立させられるようになります。

また、営業経験がなかったとしても顧客の立場になって上手に調整する力があれば成功できる可能性が十分にあります

仲介業では特に相手の立場に立って考えるのが得意かどうかが大きなポイントです。物件の仲介をするときには買い手と売り手、貸し手と借り手の両サイドを顧客として対応しなければなりません。

買い手や貸し手の立場になるとすぐにでも売りたい、借り手を見つけて欲しいといった要望を持っています。だからといって、すぐに契約相手を見つけられるように強硬に売り込んでしまっては売り手や借り手からの信頼を失ってしまうでしょう。

売り手や借り手は希望に合っている物件か、期待している以上の物件を紹介してもらいたいと思っています。その様子を察して適切な物件を選びつつ、売れない、貸せないという不満を抱えてしまうオーナーも最小限にする調整力があるのが有利なのです。

他の人とは違うことをしたいという差別化の志向を持っている人にも適性があります。

不動産の仲介業は大手会社から個人事業主までたくさんあるため、顧客獲得のために競争をしなければなりません。同じサービスを提供しているだけでは顧客を手に入れるのは難しく、実績や物件数、知名度などで優れている会社が選ばれてしまいがちです。

他とは違う魅力的なサービスを考えて取り入れていく力があると起業して成功する可能性が大幅に上がります。

成功するための事前準備

独立して成功している人は以上のような観点を理解した上でしっかりとした準備をしてから起業しています。成功するためにはどんな準備をしたら良いかを具体的に確認しておきましょう。

営業力の向上、市場調査と差別化戦略の考案、予算計画の作成の三つが重要なポイントです。

顧客と良好な関係を築き上げるには営業スキルが高いと有利なので学んでおきましょう。実践的な力を身につけるのが大切なのでセミナーなどを利用するのが良い方法です。

他とは違うサービスを提供できるようにするには競合他社がどんなサービスをしているかを調査するのが必須です。

市場調査はインターネットを通じてできますが、店頭でしかサービスを明示していない小さな会社もあるので注意しましょう。事業を行う予定のエリアにある不動産会社を実際に見て回ってみるのが効果的です。

それに基づいて独自性のあるサービスを考え、差別化戦略を練りましょう。自分なりに考えて魅力的なサービスだと思っても、一般の人にとって本当に目を引くようなサービスかはわかりません。他の人に意見も聞きながら差別化の方策を考えるようにすると顧客を獲得できる可能性が高まります。

そして、予算計画を立てるのも利益を得ていくには欠かせません。独立起業する時点で何にどのくらいの費用がかかるのかを理解していないと、想定していた以上に経費を使ってしまって赤字になることがよくあります。

創業融資などでいくら確保できるかに基づいて設備や宣伝広告などにどのくらいの費用をかけられるのか、その予算で何を実施するのかを計画するようにしましょう。

まとめ

不動産の仲介業で成功するためにはビジネスモデルを理解して利益を得られる予算計画と経営戦略を立てられるのが重要です。

それに加えて営業力があり、差別化志向も持っていれば適性が高いので成功できる可能性が高まります。ただ、予算計画を立てる方法がわからない、営業力に自信がないという人でも心配はありません。独立起業の前にきちんとやり方を学んで実践できるようになっていれば大丈夫だからです。

不動産の仲介業は成功するために必要なポイントを押さえて、きちんと準備を整えれば誰もが成功できる可能性があるのです。

不動産やエージェントに関するお役立ち情報をメールマガジンにて無料でお届けしております

月に2回、不動産に関するお役立ち情報や、イベント情報などをメールマガジンで配信しております。
フォームからご登録の上、RE/MAX Revoのメールマガジンをお楽しみくださいませ。

→ RE/MAX Revoのメールマガジンを購読する
RE/MAX Revo エージェントになりたい方もしくはご興味ある方はこちらをクリック!

コメントは受け付けていません。