CURATION

  • HOME
  • CURATION
  • 不動産仲介業の独立開業は一人でもできる?
不動産独立 BLOG Revo

2020/03/25

不動産仲介業の独立開業は一人でもできる?

不動産仲介業で独立したいと思っているけれど、自分一人でもできるのかと不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。独立起業をするときには確かに業種によって一人だけでできるものもあれば、少なくとも数人は創業メンバーとして確保しなければならない場合もあります。

重要なのは一人でもできる事業なのかを、さまざまな視点から考察してみることです。

業務内容から考えて可能性があるかを確認した上で、一人で独立して運営していけるようにするための方法を考えてみましょう。

業務内容から可能性を考えてみよう

不動産仲介業は実務的に一人だけでもやっていくことが可能なのかを、まずは業務内容から考えてみましょう。

仲介業では仕入れとして不動産の売り手や貸し手となるオーナーへのマーケティングをしつつ、不動産を買いたい、借りたいという一般の人たちに選んでもらえるように知名度を高めることが必要になります。

その上でオーナーや一般の人たちと店頭、電話、メールなどでやり取りをしつつ、必要な書類の作成や各種行政機関、司法書士などとのやり取りをするのが主な業務です。デスクワークが主体になるので窓口営業のためのスペースを確保するか、電話やメールでの対応に特化してしまえば自宅で起業することもできます。

業務量は顧客をどのくらい抱えるかで大きな違いがありますが、人気が高くなると繁忙期には一人で対応するのが難しくなる可能性もないわけではありません。その際にどのようにして顧客対応をしていくかは考える必要があるでしょう。

一人で独立するのに必要なこと

このような業務内容の考察も踏まえて、どのような準備をしておけば一人でも独立して事業を展開していけるのでしょうか。特に重要な観点が三つあるので確認しておきましょう。

・資格を持っていること

不動産仲介業を行うときには、宅地建物取引士の資格を取得しておかなければなりません。従業員として宅地建物取引士の有資格者を雇えば自分自身が資格を持っていなくても大丈夫ですが、一人で独立する場合には事前に取得しておかなければなりません。

既に仲介業で働いた経験があって資格も持っているのであれば問題はありませんが、これから取得するという場合には助成金の活用も検討してみましょう。創業するタイミングで利用できる教育訓練給付制度を使えば、教育費として使用した金額の20%をカバーしてもらうことができます。

雇用保険の被保険者か、直近に被保険者だった期間があることなどが利用条件として定められていることに加え、正しく手続きを進めないと給付金をもらえないので専門家と相談して活用するようにしましょう。

・業務負担を軽減すること

普段は一人で業務をこなせたとしても繁忙期になると業務負担が大きくなって手に負えなくなるリスクがあります。業務負担をいかにして軽減するかを考えておくことも一人で独立するときには欠かせません。

外部委託を検討するのが業務負担を減らすには最も効果的な方法です。仲介の業務は全部自分でやりたいという場合にはそれ以外に発生している業務の委託を検討しましょう。例えば、顧客獲得のための宣伝広告活動はマーケティング会社に依頼することが可能です。確定申告の時期は不動産仲介の繁忙期なので、確定申告手続きを司法書士や税理士などに委託するのも良い方法でしょう。

また、仲介業務を委託したい場合には近くで独立起業している個人事業主の仲間がいるなら依頼できる可能性があります。また、家族に簡単な仕事を依頼して給料を出すという形にすることも可能です。他人の力は借りたくないという人も家族なら納得できることがあるので検討してみましょう。

・困ったときの相談先を確保すること

一人で独立したときに困ってしまいがちなのが相談相手がいないことです。会社で働いていると上司や同僚に相談できるので問題が発覚したときにも対処方法を一緒に考えてもらえます。

しかし、一人で独立するとどんな問題にも自分だけで立ち向かわなければなりません。ただ、たった一人で悩んでいると考え方が偏りがちで、決断をするにも時間がかかってしまいがちです。困ったときの相談先を確保しておくだけでこのような悩みに苦しめられずに済みます。

まとめ

一人でも宅地建物取引士の資格を持っていれば不動産仲介業で独立することができます。

ただ、業務内容が多くなってしまって対応が難しくなる可能性があるため、起業する段階からその対策を考えておくのが重要になります。また、経営をしていると様々な問題を抱えてしまうことがあるため、すぐに解決できるようにするのに役立つ相談先の確保が必要になるでしょう。

RE/MAXのエージェントは独立した個人事業主でありながら、困った時に助け合える仲間でもあります。不動産業界以外でも活躍しているエージェントが多数おり、困った時の専門家としてアドバイスをお願いしても良いでしょう。一人で独立・開業をお考えの方がいらっしゃいましたら、RE/MAX Revoへのご相談もぜひご検討くださいませ。

不動産やエージェントに関するお役立ち情報をメールマガジンにて無料でお届けしております

月に2回、不動産に関するお役立ち情報や、イベント情報などをメールマガジンで配信しております。
フォームからご登録の上、RE/MAX Revoのメールマガジンをお楽しみくださいませ。

→ RE/MAX Revoのメールマガジンを購読する
RE/MAX Revo エージェントになりたい方もしくはご興味ある方はこちらをクリック!

コメントは受け付けていません。